病院

急な入院時に注意すべき髭剃り事情!T字カミソリが使えない場合の対処方法!

入院中の髭剃りアイキャッチ

先日訳あって入院しました。

大したことはなく一週間ほどで退院できたのですが、近くに親族がいない中での急な入院だったために、不便の多い一週間でした。

とはいえ、世の中何かとサービスは充実しているもので、病院内の売店やアメニティ(入院セット)のレンタルサービスを利用したりして、お金さえ出せば大抵のことが解決できました

しかし、そんな中で私がどうしても困ったのが、髭剃りです。

入院中もきちんと髭剃りをしたいと思う人は多いはず。

今回入院をして分かったのですが、単身者の急な入院だと事前の準備ができないので、状況次第では髭剃りができないなんてことがあり得ます

というわけで、今回は私の実体験を踏まえ、そんな場合でも確実に髭剃りをする方法について考えてみました。

入院中でも髭剃りしたい人は多い

お見舞い

入院中も、医師や看護師、売店の店員さん、お見舞いに来てくれた知人・友人など、様々な人と顔を合わせる機会があります

私もそうですが、身だしなみは整えておきたいと思うのが普通だと思います。そこで気になるのが髭剃り

髭が薄い人であれば良いでしょうが、多くの男性は入院中でも毎日髭を剃りたいと考えるはずです

一人暮らしの急な入院だと髭剃りグッズがないままでの入院になる

事前に準備して入院する場合や家族がいる場合はどうとでもなりますが、一人暮らしの単身者が急に入院することになった場合は何も用意できないままでの入院になります。今回の私の入院もそうでした。

  • 職場等の出先から病院に搬送されてそのまま入院
  • 近くに家族もいないので家から必要なものを持ってきてもらうこともできない

なんて感じのケースです。手元にあるのは、今着ている服と下着、それに財布と携帯電話のみ。

この状態で入院なんて言われても、必要なものは全然足りないわけです。家族がいれば家族に持ってきてもらうところですが、一人暮らしだとそうもいきません。

当然、髭剃り用の道具も手元にはありません。

T字カミソリ(安全カミソリ)が使えない病院は意外と多い

T字カミソリが使えない
緊急で入院になるような病院ですから、ある程度規模の大きな病院だと思います。であれば、T字カミソリ(安全カミソリ)が売店やコンビニで購入できるはずですので、T字カミソリ(安全カミソリ)で髭剃りをすれば問題ないと考える方が多いと思います。私も最初に同じことを考えました。

しかし実は、これには重大な落とし穴がありまして

なんとT字カミソリの使用が禁止されている病院が意外と多かったりします。

危険物という扱いになるからでしょうか。

いずれにせよ、そのような病院では、電気シェーバーじゃないと髭剃りができません。

最悪、髭剃りできない状況に陥る恐れがある

最悪髭剃りできない
T字カミソリが使用できない場合でも、普段から電気シェーバーを持ち歩いている方は問題ないでしょう。それを使えばいいわけですから。

問題は持ち歩いていない方です。T字カミソリ派の方であるとか、電気シェーバー派でも家で済ませてしまう方など、持ち歩いていない方のほうが多いのではないでしょうか。ちなみに私も持ち歩いていません。

また、T字カミソリと違って、病院の売店やコンビニで電気シェーバーを売っているケースは稀です。少なくとも私は見たことがありません。

こうなると手元に電気シェーバーがないわけで、最悪、髭剃りができない状況に陥ってしまいます

髭剃りができない状況に陥ってしまう場合

  • 単身者の急な入院
  • 電気シェーバーが手元にない
  • 入院先の病院がT字カミソリ使用禁止

対処方法

電気シェーバーを入手
では、どうすれば良いのでしょうか。

一言で言ってしまうと、

電気シェーバーを入手できさえすればよい

ということになります。

となれば次は、

どうやって電気シェーバーを入手するか

実際に私が考えた方法をご紹介します。

1.電気シェーバーを自宅から友人に持ってきてもらう

自宅に電気シェーバーがある場合には、友人に持ってきてもらうのが一番経済的です。

自宅に人を入れることに抵抗がなければこの方法が良いとは思いますが、本当に信頼できる人でない限り私はオススメしません

2.ネット通販で電気シェーバーを購入する

そもそも電気シェーバーを持っていない場合自宅に誰も入れたくない場合は、ネット通販で電気シェーバーを購入するのが一番です。

お金はかかりますが、自分で商品を選べますし、お急ぎ便等で注文すれば翌日には届きますのでそれほど時間もかかりません

とりあえず入院している間だけ使うために安いものを買うのもいいですし、気に入った商品を買ってこの機会に電気シェーバー派になるのもありだと思います。

ただし、購入した商品の届け先には注意が必要です。

病室で受け取りができる場合

入院している病室で受け取り可能な場合は、病室まで届けてもらうのが楽です。

配達可能かどうかは病院によりけりです。配達可能かどうかは看護師さんにでも確認してみましょう。可能な場合は、届け先の住所の書き方も併せて確認しましょう。

ちなみに、私が入院した病院では病室での受取りは不可でした。

病室で受け取りができない場合

この場合は、友人・知人に受け取りを頼むか、最寄りのコンビニで受け取るのが良いでしょう。

友人・知人に受け取りを頼む場合は、その友人・知人宅を届け先にして、商品到着後に病室まで持ってきてもらう必要があります。友人・知人には多少迷惑をかけることになりますが、それなりの間柄であれば状況的に快く受け入れてくれるはずです。

ちなみに今回の私はこの方法を取りました。午前中に職場に届くように注文して、午後にお見舞いに来てもらうときに一緒に持ってきてもらいました。

最寄りのコンビニで受け取る場合には、ある程度条件が揃う必要があります。そもそも病院の敷地内やすぐ近くにコンビニがないといけませんし、しかもそこで商品の受け取りが可能である必要があります。ですので、なかなか難しいかもしれません。

3.電気シェーバーを友人に購入してもらう

友人にお金を渡して家電量販店等で購入してきてもらう方法です。

友人に手間をかけさせるというデメリットはありますが、これが一番確実な方法かもしれません。

欲しい商品を事前に決めてから頼むのが良いでしょう。

とはいえ、品切れの場合もあったりするので、その場合は予算の範囲で自由に買ってきてもらう等の柔軟性が必要です。

まとめ

今回のまとめです。

まとめ
  • 単身者の急な入院の場合、髭剃りができない状況に陥る恐れがある
  • 理由は、T字カミソリ(安全カミソリ)が使用できない病院があるため
  • その場合は次のいずれかの方法で電気シェーバーを入手すれば良い
    1. 電気シェーバーを自宅から友人に持ってきてもらう
    2. ネット通販で電気シェーバーを購入する
    3. 電気シェーバーを友人に購入してもらう
  • ネット通販で購入する場合には届け先に注意(病室での受取りが不可の場合あり)

もし急に入院なんてことになったときは、今回ご紹介した対処方法を参考にしてもらえればと思います。